So-net無料ブログ作成
検索選択

【無人島20日目】Gnarls Barkley "St. Elsewhere" [CD]

St. Elsewhere

St. Elsewhere

  • アーティスト: Gnarls Barkley
  • 出版社/メーカー: Downtown
  • 発売日: 2006/05/09
  • メディア: CD


20日目。音楽だけに限らない話ですが、時代の移り変わりってのは光陰矢の如しで、行き交う音楽もまた旅人なのです。ほんの20年前まではビニール盤のレコードで親しんできた音楽が、いつしかCDになり、気づくと昨今は拡張子のついた「データ」とやらになっていたりします。関係ないけど、山口百恵が「夜は〜33の〜回転〜扉〜」としなやかに歌ってたあの「33」なんてのは、諸行無常の響きがありますね。あと、世の中がレコードからCDに移行してた時期、LPを入れていた棚のサイズに合わせるため、CDは変な長細いボックスに入っていましたが、あれも今想へば、ただ春の夜の夢の如しです。なんで古文? いやなんとなく。

ナールズ・バークレイという新人ユニットのデビューシングル「Crazy」は、今年の春、まだCDもリリースしていないのに、ダウンロードの得点だけで全英ナンバーワンを獲得しました。去年デビューしたイギリスの「Arctic Monkeys」なんかも、デビュー前にネットで人気を集めていたし、なんか「CDを出す=デビューする」っていう図式がもうすでに崩れ始めていますね。

ナールズ・バークレイは、DJのデンジャー・マウスと、ラップシンガーのシー・ローの二人組ユニットで、デンジャーはGorillazのセカンドアルバム「Damon Days」のプロデューサーだった人。前述の「Crazy」は全英9週連続の1位をキープするほどの大ヒットになり、鳴り物入りで先月ドロップされたファースト・アルバムがこの「St. Elsewhere」。

音は、ちょっとレトロでサイケなソウルをベースに、邪魔にならないほどのセンスのいいエレクトロニカを被せた感じ。確かにGorillazの音にも通じるものがあるし、最近でいうと、アウトキャストなんかのやってる音楽にも近いでしょうか。でも、底抜けに明るいアウトキャストのお祭りソングに比べると、ナールズ・バークレイの曲は、どこかしら精神的な暗さを孕んでいて、アメリカのユニットなのに、先にイギリスで火がついたのも、なるほど、うなづけます。

例えばこの「Crazy」のPV。まるで悪夢のように美しいロールシャッハ・テスト。そしてそれに被さる「お前は自分を分かってるつもりか? ワハハハ! 本当にそれが自分だと思っちゃってんのかよー!?」という、挑発的かつ不吉なリリック。うーん、好きかも。

今年の夏にはフジロックにも参戦予定だとか。この人気も、名声も、ひとえに風の前の塵に同じ。多分そんなことはとっくに達観している感じの、新人ユニットです。


Title: ‘Crazy’
Album: “St Elsewhere”
Artist: Gnarls Barkley


タグ:2006年
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。